ルーン占いとは

ルーン占いは、古代ゲルマン文字を使った占いです。
石や木のチップに、ルーン文字が書いてあるものが一般的ですが、
この講座では、すべてカードになっています。

ルーン占いは使う文字によって3種類ある。

その3つとは、
○エルダーフォサーク(25文字)
◎アングロサクソンフォサーク(34文字)
△バイキング(ヤンガー)フォサーク
です。

日本では、出版されている本の9割近くが、エルダーフォサークです。
そんななか、この「ルーン占い講座」では、あえて、
アングロサクソンフォサークを使用しています。

なぜかというと、文字が多いほうが、占いは詳しく当たりやすいからです。

タロットカードでも、大アルカナ22枚だけよりも、
小アルカナを含めた78枚を使った方が、詳しく当たります。

もし、暗記が必要なのであれば、文字数は少ない方が楽かもしれませんが、
我々は、カードを使いますので、文字数は多い方がいいので、
アングロサクソンフォサークを使っているのです。

実際に、ルーン占いをエルダーフォサーク(25文字)で学んだ後に、
アングロサクソンフォサーク(34文字)で学び直すという方も多いくらいです。

なので、最初からアングロサクソンフォサークを学んでおいた方が、
絶対にいいのです。

ルーンを使ったヒーリング

ルーン文字そのものに「力」があるとされていて、
ただ占いに使うだけでなく、
ルーン文字を使ったヒーリングを行うことができます。

この講座では、体の「チャクラ」に対応したヒーリングをお伝えしています。 

ルーンを使ったタリスマン(護符)の作成

タリスマンとは、「お守り」の事です。
ルーン文字を使って、願い事を実現させるためのお守り(護符)を作ることができます。
さまざまなルーン文字を組み合わせ、自分の願い事に合わせてオリジナルの護符を作ることができます。
講座の中で詳しい作り方を解説しています。 

ルーン占い無料メールセミナー

「ルーン占いって、本当にあたるの?」
「ルーン占いについて、何も知りません」
そういったルーン占い初心者の方を対象に、
楽しい無料メールセミナーを制作しました。

ルーン文字を、全37回に渡ってレクチャー。
無料講座ですので、今すぐ登録くださいね。



5時間でプロになれる。ルーン占い講座
(株)ココロ・シンデレラ 渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティー ウェスト 22F 
 © 2018 KokoroCinderella All rights reserved.